スポンサーサイト

-- --, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

積極的なファンをつくる10の方法

04 10, 2010

積極的なファンをつくる10の方法

日本でもTwitterが人気になるにつれ、ソーシャルメディアマーケティングの認知度も上がってきてるようです。
個人でWEBサービスを作っている人でも、mixiやTwitterを使ってマーケティングをしている人も多くいるのではないでしょうか。

アメリカではソーシャルメディアはFacebookに人気があり、Facebookに自分のサービスに関するページをつくり、ユーザがそのページの「ファン」になることでソーシャルメディアマーケティングをしているようです。

10 Ways to Get Your Fans to Engage!」では、サービス・企業のFacebook上のファンをどのように積極的なファンにすることが出来るかを説明しています。

------------------------------------------------------
もうすでにあなたのインターネットマーケティング戦略にソーシャルメディアマーケティングを取り込んでいるのかもしれない。
Facebookにファンページをつくり、実際にファンがいるかもしれない。
でも、その次の一手は?
どのようにしてそのファンに話しかけてもらうか?
どのようにしてそのファンに来続けてもらうか?

どんな場合にも適用できるファンページを成功させる方程式などはない。
しかしユーザがあなたのブランドから何を期待しているかを知るには創造性が必要なため、成功へ導くいくつかのテクニックは存在する。
それらのテクニックを知ることは最低限必要で、それらを念頭に置きつつ、あなたのFacebook戦略に実際に組み込んでいく必要がある。



1.ファンの意見を聞く
サービス・企業のファンに対してあなたが問いかけをすることで、あなたがファンの意見を大切に思っているという事を示す事が必要である。
多くのファンページは、あなたがファンに対して「これをどう思っているか?」と聞いた時に、質・量ともによい反応が返ってくる。
リンクやビデオをつけたり、単にステータスのアップデートを行った際に、質問で文を終わらせるように心がける。
ユーザは意見を言うのが大好きなのだ!
そして、ページにいくつかのコメントを抜粋してのせるのはとてもよい方法だ。

ユーザ個人の存在感を向上させるために、質問をする時は「あなた」や「あなたの」という単語を使うようにする。
これに加え、質問を短くする。
数多くの単語を使わない。
もし多くのことを言いたい場合は、Facebokの"ステータス"部分ではなく"Notes"部分を使うようにする。


2.正しいタイミングでコンテンツを投稿する
とてもいい内容のコンテンツを投稿したのに、フィードバックが少ない事がたまに起こる。
これはコンテンツを投稿したタイミングに影響されている。
あなたのファンが世界のどの地域にいるかによるが、あなたのソーシャル活動を午前9時~午後1時にすることを忘れないようにする。
また、午後6時~午後8時もよいフィードバックをもらえる。


3.ファンに反応する
ユーザに興味をもってもらい、それを維持できないほど悪いものはない。
だから、ファンに反応する必要がある。
たとえとても多くの質問をもらっても、たとえ的確に答えられなくても、出来るだけ早く反応することを忘れてはいけない。


4.質の高い内容を提供する
ただ更新するためだけに投稿しない。
スマートに更新するべきだ。
コンテンツは新しい情報があり、ユーザが読みたいと思うような内容でないといけない。
意味もなくニュース、ビデオ、写真などを投稿せず、サービスに関連のあるものだけにする。


5.毎日更新する
更新しないでその日が終わることのないように。
もし、それをしたらあなたのファンの感心を失うことになるかもしれない。
単に状況報告やビデオだけでも、更新することが重要なのだ。


6.ディスカッションボードを使う
ディスカッションボードはファンとあなたがコミュニケーションを持つことの出来るすばらしい方法である。
色々な話題について意見を出し合ってみる。
そうすると、ファンの思っていることの一端を見ることが出来るかもしれない。
まず始めに、3~4個のディスカッショントピックを立ててみるとよいだろう。


7.ファンに驚きをあたえる
いつもと変わらない変わらない内容でファンに飽きられるな。
たまには何か新しいものを入れて、驚きをあたえよう
たとえば面白いビデオとか、ネット上で話題となっているビデオとかを入れてみるのもよい。
自分のサービス・企業と関係ない?
(4で書いたことと反しているようだが)それは問題ないだろう。
ソーシャルメディアマーケティングでは、”驚き”の要素が必要なのである。


8.最新の情報を提供する
ファンにあなたが何をしているのかを報告し、飽きられないようにする。
なにか得する情報でもよいし、新しい製品/サービスでもよい。
もしくはディスカッションボードで何か投票してもよい。


9.プロモーション+コンテンツ=たのしい
ファンは値引きや特別なサービス、無料のものなどが大好きだ。
今までも、そして、これからもそうである。
ただ、プロモーションでユーザが来て、プロモーションが終われば去って行ってしまう状況でよいのか?
答えはもちろん「no」だ。
プロモーションを何か面白いものにしなくてはいけない。
インターネットマーケティングにプロモーションと”プラス何か”内容をつけるとよいだろう。
ただ単に提供するのではなく、ユーザが勝ち取ったという感覚を与えることが大事だ。


10.Facebook インサイトを監視する
もし"質"と"交流"という意味での成功を獲得したいのであれば、Facebook インサイトを監視するようにする。
どういった場合にうまくいくのか、また逆にどのようなときにうまくいかないのかを見る必要がある。


ファンを管理するのは難しい仕事である。
自分のいる業界知識、ユーザに対する知識、そしてコミュニケーションスキルが必要である。
ここで紹介した10のテクニックはソーシャルメディアマーケティング戦略の基礎となるもである。
しかし、ここで終わってしまってはいけない。

ソーシャルネットワーク企業として「SysComm」は、ブログ読者がもっている考えや意見を聞き、一緒に意見を交換したいと思っている。
Facebookのファンページを持っている?
どのようにファンと交流している?
------------------------------------------------------

この記事はFacebookを使ったソーシャルメディアマーケティングについてでしたが、他のソーシャルメディアプラットフォームにも適用できるのではないでしょうか?
(Facebook特有の機能とかがありましたが)
以前ブログマーケティングというのがありましたが、この記事を見ていると根本はあまり変わらないのかな、という気がしてきます。
「よい記事を頻繁に書く」という昔から言われている事が大切だという事でしょうか。

ただブログと大きく違うのは「ユーザとの直接的にコミュニケーション」が頻繁に発生するところです。
これがソーシャルメディアマーケティングのコア部分であり、これ(記事の中では"交流"と表現)をうまく使えるかでマーケティングの効果もだいぶ違う気がします。
企業ツイッターの成功例にみる個人の魅力と問題点ではこの「直接的なコミュニケーション」をうまく使っている例を紹介しました。

新しいマーケティング手法であるソーシャルメディアマーケティングをうまく使うには、この2つの要素を上手に使っていく必要がありそうです。
 

ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top


プロフィール

スズキ ロイ

Author:スズキ ロイ
プライベート Web クリエーター。
海外のWebアプリ、ソーシャルアプリを中心に情報収集してます。

RSSリンクの表示
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。