スポンサーサイト

-- --, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

ユーザ 登録ページをもっとよくする8つのアドバイス

12 19, 2009

ユーザ 登録ページをもっとよくする8つのアドバイス

ユーザ登録画面はWebサービスにとって情報の宝庫。
しかし入力項目がやけに多かったり、分かりにくかったりしたら、ユーザは登録してくれません。

8 Tips for Account Registrationではユーザ登録画面をよくする8つのアドバイスをあげています。



1.サイトのメリットを箇条書きにする
ws-account-benefits.jpg

2.プライバシーポリシーをリンクする
プライバシーポリシーを登録ボタンの近くに配置する。
privacy-sign-up.jpg

3.アスタリスクを使う
ユーザは必要以上の情報は登録したくないと思うもので、本当に必要な項目にアスタリスクをつけるのはユーザにとって分かりやすい目印となる。
アスタリスクは項目名の近くにつけ、右のほうにはつけないようにする。

よい例:
asterisk1.jpg
悪い例:
asterisk-2.jpg

4.パスワードルールを説明する
パスワードとメールの入力してもらう時は、最小文字数や数値/文字などのルールを明記する。
「再度パスワードを入力」フィールドをつけることも忘れない。
パスワード文字は見えなくなっているので、タイプミスが多い。

5.セキュリティ質問をつけるよりは確認メールを送る
パスワードを忘れた時に使う「セキュリティ質問」は、誰も答えを覚えていない。
ユーザはこの「セキュリティ質問」を嫌っている。

6.ユーザにアドレスをコピーできるようにする
ショッピングサイトなどで請求書住所と送付住所がある場合、簡単にコピーできるようにする。
チェックボックスなどで出来るようにしてあるとよい。
bill-ship.jpg

7.オプトインメールに事前チェックをせず、ユーザの許可なしにメールを送らない
「ようこそメール」は送るべきだ。
24時間以内に送るとよいだろう。
送るのが遅れれば遅れるほど、その効果は薄れていく。

8.ユーザの好みを書いてもらう
「ターゲット販売」を目的としてユーザプロフィールを書いてもらうのは効果的だ。
商品の妥当性、メールキャンペーン、プロモーションの向上は顧客満足度やコンバージョンレートを上昇させる。
ディズニーのサイトはよい例だ。
disney-option.jpg



ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

0 CommentsPosted in Webサービス
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top


プロフィール

スズキ ロイ

Author:スズキ ロイ
プライベート Web クリエーター。
海外のWebアプリ、ソーシャルアプリを中心に情報収集してます。

RSSリンクの表示
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。