スポンサーサイト

-- --, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

Twitterを使ってビジネスをする5つの方法 5/5

12 11, 2009

Twitterを使ってビジネスをする5つの方法 5/5

5 Ways to Actually Make Money on Twitterで提案している、Twitterでビジネスをする5つ目の方法です。

1.フォロワーをクリエーターにかえる(記事
2.製品をTwitterで売る(記事
3.見込み客をTwitterで探す(記事
4.Twitter用の製品を売る(記事) *変更しました
5.どこででも顧客を見つける



5.どこででも顧客を見つける
サンプル会社
Kogi Korean BBQ: 4台のトラックでメキシコスタイルのパンにコリアンスタイルの肉を挟んだタコスなどを売っている、去年創業のロスアンゼルスにある会社。


アイデア
Kogiはどこで販売するかをTwitterを使って告知している。
木曜夜のリトル東京などの決まった場所を除き、トラックは2,3週に一度移動し、マネージャはよい場所がなければよい場所へと行き先を変更する。
少ない決まった場所にいるよりもより多くの人に買ってもらえるというのが、彼らの考えだ。
「たくさん移動するならTwitterのようなものが必要だと思った。」と共同創業者の Alice Shinは語っている。
約50,000ユーザがKogiアカウントをフォローし、次の行き先の情報を得ている。


結果
急成長している。
従業員は一年前の4人から60へと増え、1日で売る肉の量も30パウンドから1000パウンドへ増えている。
どの時間でも約10パーセントの顧客がTwitterからどこにトラックがいるかという情報を得ている。
「その他は行列をみて”おいしそうだ”と思っているに違いない」とShinは言う。
そして、もしお客が誰もいなければトラックはまた別の場所へと移動するのだ。


Retweetを得る方法
やらせなし、スパムなし。
ユーザはそれを知ったら離れていく。
キャンペーンなどにKogiのトラックを借りてフォロワーに広告をうちたいという会社も現れるが、「そういう申し出は断る」というのがShinのポリシーだ。
「もし広告でスパムを流したら、最終的には取り返しのつかないことになる」と話している。



5つの実例とともにTwitterを使ったビジネスが説明されていました。
どれも興味深いのですが、「iPhone Twitterクライアント」を除いてはアイデアの軸はTwitterではなくそのビジネスアイデアそのものにあるのを感じました。
つまり、もともとのビジネスアイデアが面白くTwitterはそのアイデアに適していて、より面白いものになったという気がします。
逆に言うとTwitterビジネスモデルとしてはまだまだ確立していないという事です。

Facebookやmixiのソーシャルゲームの様な、Facebook、mixi(SNS)というインフラありきのビジネスがTwitterでも起こるのか?
Twitterの特徴である「リアルタイム性」というインフラに適したビジネスモデルが今後出てくるのか注視していきたいと思います。


関連記事:
Twitterを使ってビジネスをする5つの方法 1/5
Twitterを使ってビジネスをする5つの方法 2/5
Twitterを使ってビジネスをする5つの方法 3/5
Twitterを使ってビジネスをする5つの方法 4/5


ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

0 CommentsPosted in ITビジネス
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top


プロフィール

スズキ ロイ

Author:スズキ ロイ
プライベート Web クリエーター。
海外のWebアプリ、ソーシャルアプリを中心に情報収集してます。

RSSリンクの表示
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。