スポンサーサイト

-- --, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

アイデアではなく、自分自身を売り込め!

11 17, 2009

アイデアではなく、自分自身を売り込め!

ベンチャー企業は融資を得るために、プレゼンをしなければいけない場合があります。
アメリカでは、ベンチャーキャピタルやエンジェルと呼ばれる個人投資家へプレゼンをします。

この時に必要なのはすばらしいアイデアについてではない、あなた自身について売り込む事だ。
Pitch yourself, not your ideaでは説明しています。


「ベンチャーで最も重要なのは、すばらしいアイデアである」
こんな「アイデア第一主義」迷信が広く信じられているのは、↓のような事が要因として挙げられる。
・いろんな本や映画なの中に登場するポストイットに思いついたアイデアを書いたり、カクテルを飲んでいる時にアイデアを思いついて一晩で大金持ちになった、みたいなストーリー
・ビジネスの世界では「エレベータピッチ」(エレベーターに乗っている時間でアイデアの売込みをする)などの考えが浸透
・ビジネススクールのコンテストの評価基準がアイデアベース

しかし現実にはアイデアはそれほど重要ではない。なぜなら
1.(ほとんどの)ベンチャーで、アイデアは変わり続ける
2.どんなにすばらしいアイデアも、大体は他の人がすでに考えている事である

もっと重要な事は、ベンチャーの初期の段階では自分自身と仲間を売り込む事に集中したほうがよい。ベンチャーは本質的には、何かを作るものである。なので、自分のバックグランドとして一番重要なのは「どこの学校出身」とか「どこの会社で働いてました」ではなく「なにを作った」かである。
(ゲームをプログラムしたとか、Webサイトをデザインした、など)

あなたが説明すべき事は、自分がこれまで何を作ってきたかという話であって、次のステップを踏むために必要な資金の話だけではないのである。

もちろん資金を調達するために、有効な手段は製品・サービスのプロトタイプ見せる事である。
多くのベンチャーキャピタルが「デモをつくって、もう一度きなさい」というのは、このためである。
彼らはあなたがそれを作れる能力がるかどうか、見てみたいのだ。


ここで説明しているのは、「アイデアは一番ではない」という事であって、「アイデアは必要ない」という事ではないと思いますが、どうでしょうか。

確かにお金を投資するほうとしてはいくらアイデアがよくても、それを作る人・運営する人がダメであれば事業として成功する確率はグッと低くなり、リスクを負うことになりますね。
VCにプレゼンする時は自分がこのアイデアを作り・運営する能力があることも含めて説明する必要がありそうです。

以下はプレゼンの動画です。
どれも参考になるものばかりです。

Twitter (subtitleボタンで日本語が選べます)


DorpBOx (英語)


iphoe (英語)


Lifesaver (subtitleボタンで日本語が選べます)


最後にオバマ大統領 (英語)




ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

0 CommentsPosted in ITビジネス
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top


プロフィール

スズキ ロイ

Author:スズキ ロイ
プライベート Web クリエーター。
海外のWebアプリ、ソーシャルアプリを中心に情報収集してます。

RSSリンクの表示
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。