スポンサーサイト

-- --, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

すべてのソーシャルゲームが持つべき7つの要素

05 17, 2010

すべてのソーシャルゲームが持つべき7つの要素

日本でもmixiや携帯のSNSでソーシャルゲームが人気になっています。
ゲームといえば「子供がテレビの前でやっている」というような時代もありましたが、今では大きく変化してきています。
若い女性や主婦達もちょっとした時間を使って、ゲームを楽しんでいます。
そしてその中で人気があるのが、"ソーシャルゲーム"と呼ばれる新しいジャンルのゲームなのです。

7 Features That Should Be In Every Social Gameでは、ソーシャルゲームに必要な要素を7つ挙げています。


"ソーシャルゲーム"とよばれる為には、友達の間で参加を促すいくつかの要素がなくてはならない。
プレーヤーは色々な方法で現実の友達との交流を求められる。
勝ちたい、協力したい、自慢したい、やっつけたいなど。
何が”ソーシャル”なのかをもっとよく理解するために我々は、すべてのソーシャルゲームが持つべき7つの要素をリストにしてまとめた。

1.現実の友達リスト
ソーシャルゲームで最も重要な要素が、ユーザの「現実の友達リスト」である。
ゲームに友達を誘う時や、ランキングを見るときには、ソーシャルネットワークの友達リストが見えてなければない。
これは今のソーシャルゲームが昔のソーシャルゲームと一番違うところの1つである。
今のソーシャルゲームが「友達リスト」や"ソーシャル性”を始めて使用したということではない。
昔は私が前に交流したことのあるユーザと"ランダム"に対戦していたということである。
それを楽しいと言うユーザもいるが、現実の友達と一緒に協力したり対戦したりできる事はより強いソーシャル的な体験が出来る、ということは否定できないであろう。

この「現実の友達」機能は、自分のゲームがFacebookゲームやFacebook connectを使っているゲームであることによって確保されているので、プレイヤーは現実の友達をインポートできるである。

続きを読む »

スポンサーサイト

ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

0 CommentsPosted in Webサービス

ソーシャルメディアデザイナーのためのツール10選

04 16, 2010

ソーシャルメディアデザイナーのためのツール10選

個人でWebサービスを作っている人は、mixiやTwitterなどのソーシャルメディアを使ってプロモーションやユーザとの交流をしている人も多いのではないでしょうか?
そしてその傾向は企業にも見えつつあります。

そこで重要になってくるのが、ソーシャルメディアでの存在感をどのように出すか?という戦略かもしれません。
積極的なファンをつくる10の方法」や「Coca-Colaのソーシャルメディア戦略」などで書いた、ユーザとのコミュニケーションを大切にすることによって存在感を高める方法もあります。
または、ソーシャルメディア上の「デザイン」によって存在感を高める事ができるのではないでしょうか。
将来的にはソーシャルメディアに特化したデザイナーも出てくるかもしれません。

10 Essential Design Tools for Social Media Prosでは、ソーシャルメディアデザイナーが必要となるツールの紹介をしています。



この記事はWix.com (英語)に協力してもらっている。

1. その他のデザインアプリ
inkscape.jpg

"私は画像編集の時はPhotoshopを使っています。ただ、高いですが。。。"
と話すのは フリーのデザイナー・イラストレイターであり、Red Lemon Club でソーシャルメディア広告などを手がけるAlex Mathersである。
"わたしは似たような機能が欲しいなら GIMPを勧めます。
また、Inkscapeもベクター形式の画像をつくれます。"

続きを読む »


ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

0 CommentsPosted in Webサービス

ゲームは世界を救えるか?

03 22, 2010

ゲームは世界を救えるか?

ゲームデザイナーのJane McGonigalさんのスピーチ(英語)がとてもよかったので掲載させてもらいます。

最近ゲームといえばmixiアプリやFacebookでのソーシャルゲームがフォーカスされていますが、そういった新しいゲームも含めて私達がゲームに接する機会もより多くなってきているのではないでしょうか?
「ゲームは子供のやるものだ」と言われた時代もありましたが、人間は太古の昔からゲームに親しみそして今もなおゲームをやり続けています。

ゲームが持つ魅力をJane McGonigalさんは今世界にある問題解決のツールとして利用できないか?という事を提案しています。



スピーチの内容を要約して掲載します。

続きを読む »


ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

0 CommentsPosted in Webサービス

仕事とプライベートのソーシャルアイデンティティ

03 19, 2010

仕事とプライベートのソーシャルアイデンティティ

mixiやTwitterのアカウントを持つ会社が日本でも増えています。
企業ツイッターの成功例にみる個人の魅力と問題点でもTwitterを使って成功している例を紹介しました。

Social Media Overlapでは、仕事のソーシャルアイデンティティと個人のソーシャルアイデンティティの重なりについて指摘しています。

----------------------------------------
personal-vs-professional-500p.jpg

我々の仕事とプライベート生活がソーシャルメディアによってより密接に関係するにつれ、会社がオフィスの外でも従業員に会社のブランドを任せるケースが一般的になりつつある。

このソーシャルオーバーラップ(重なり)が定着すると、ソーシャルメディアポリシーを作成することが重要になってくる。
そうすることにより、会社と従業員がその役割、責任、行動についてお互いに理解することができる。

より詳しい記事はKyle LacyのDoes Your Employee’s Personal Life Matter to Your Company?(英語)を参照。
----------------------------------------

個人でWebサービスを作っている人は、Webサービス作成者としてのアイデンティティとプライベートでのアイデンティティとの境界をつける必要が出てくるかもしれません。
そうする事によって「パーソナルブランド」をより明確に打ち出すことにもつながります。
その際は、上記の図にあるソーシャルポリシーを自分の中で決め、実行するとよさそうです。


ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

0 CommentsPosted in Webサービス

企業ツイッターの成功例にみる個人の魅力と問題点

01 29, 2010

企業ツイッターの成功例にみる個人の魅力と問題点

1月27日に行われた「第3回 #tw2mu 企業twitter(中の人)ミーティング」を ustream を視聴しました。
◆第3回 企業twitter(中の人)ミーティング(USTREAM)

今回参加した企業アカウントは
カトキチさん @KATOKICHIcoltd
ゼビオさん @XEBIO_Co_Ltd
すき家さん @gyudon_sukiya
です。

そこでの話を聞いて、今回の企業ツイッター成功にはある共通項があるなと感じました。

成功の共通項
1.ツイッターがすき
みなさん、楽しんでツイッターをしているようです。
時間外も自分からやっているということで(残業代なし!)「仕事」という感覚はあまりないように感じます。


2.真剣
ツイッターに対する真剣な姿勢が印象的でした。
そしてその真剣さがツイートにもあらわれていて、フォロワーにも安心感(この人をフォローしても大丈夫だな、など)を与えているのだと思います。
「ド真面目にやってます。」(ゼビオさん)
「中途半端はダメ。やるなら一生懸命やる。そうすると応援してくれる人も出てくる。」(カトキチさん)


3.センス
私はツイッターを「個人メディア」だと思っています。
「個人メディア」はまさに個人のセンスによって、面白くもなるしつまならくもなります。
成功している企業のアカウントにはセンスが感じられます。
「ツイートする時は”yes””no”で終わってしまうのではなく、微妙に広がる返答ができるようにしている(カトキチさん)


4.担当部署責任者の覚悟
ツイートしている人が責任者本人(カトキチさんなど)ではない場合、ツイートしている人が何か間違いを犯した場合は「私が責任取ります」と言える覚悟を持っているかどうかが重要そうです。
「この話をもらった時に取りあえずやってみて、ダメだったらこっちで何とかするからと言った。誰かが腹くくらなければいけないですよ。」(すき家の広報室長さん)

ツイートする人もそれが分かっていればある程度の「ゆとり」をもってつぶやけて、結果としてその「ゆとり」が企業ツイッターにありがちな”堅苦しさ”を取り払っているのではないでしょうか。
「ツイッターの担当者は遊ばないと絶対だめなんですよね」(司会の神田さん)


最近はソーシャルメディアマーケティング(SMM)という概念も出てきて、大手企業もソーシャルメディアをつかってマーケティングをするようになっています。
その中でツイッターは多くの人が注目しているソーシャルメディアではないでしょうか。
アメリカなどではツイッターマーケティングの結果も出てきているようです。
Twitterを使ってビジネスをする5つの方法 1/52/53/54/55/5



ツイッター企業アカウントの成功パターン
私は今後ツイッターの企業アカウントの成功例としては2パターンになると考えています。
個人の能力・魅力で成功する
”仕組み”で成功する

個人の能力・魅力で成功する
今回のミーティングに出席されたカトキチさん、ゼビオさん、すき家さんは個人の能力・魅力によって成功を収めているように感じます。
「カトキチのツイートがおもしろいからフォローする」「すき家とNHKとの企業アカウント同士のからみがおもしろい」「ゼビオネーさんが好き」など。
この場合はその人→その企業の”ファン”となりやすく、少ない投資で高い効果をだす可能性が十分あります。

ただし、これには問題点もあります。
その人がいなくなったらどうするのか。
ミーティングの中でも話題となっていましたが、すき家の中のひとは学生で、4月から他の企業に就職するそうです。
こういう状況になった場合に、個人の能力・魅力で成功をしているアカウントはどう対処すればよいのでしょうか。
なかなか解決策を見つけるのは容易ではないと思います。


”仕組み”で成功する
これはアカウントの人間的魅力でなく、そのアカウントをフォローした場合に何か得することがあるという仕組みを作ることです。
例えば、そのアカウントをフォローすると値段が安くなるなど。
このケースの成功例は日本にはまだあまりない気がします。
今後、面白い”仕組み”をもった企業アカウントが出てくるのではないかと期待しています。



ソーシャルブックマークする。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加

0 CommentsPosted in Webサービス


プロフィール

スズキ ロイ

Author:スズキ ロイ
プライベート Web クリエーター。
海外のWebアプリ、ソーシャルアプリを中心に情報収集してます。

RSSリンクの表示
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。